不動産投資は老後の資金にもできる

不動産投資は老後の資金にもできる!わかりやすく解説しています

カテゴリー: 未分類

借り入れが楽で少額自己資金で開始できる

商売をしている人は運転資金にお金を借りることが何よりも大変という方も多いです。借り入れを行う銀行に常に返済できていて信用があるということなら銀行もニコニコ顔で貸付してくれますが、返済が遅れたり、債務額が大きくなっていくと銀行は新たな貸し付けを行うことを渋ります。どうしても貸付してほしい場合、担保を出してくれとも言ってくることがあります。

担保があるとないとでは非常に大きな違いがあるのです。無担保無保証人で貸し付ける場合、信頼貸です。企業、また個人を信頼し貸付するわけです。信頼の元となるのが年収や家族構成、さらに返済の履歴です。この履歴がしっかりしたもので、常に遅延することなく支払を行っていて、完済しているほど、信頼が厚くなります。でももし倒産したり破産したとなれば銀行は貸しただけ損、とれるものはほとんどないので慎重になるのです。

担保があれば別です。建物や土地などのもしもの際に現金化できるものが存在していれば貸し付けする方も安心です。不動産投資で物件等を購入する際、銀行から費用を借りやすいのは、不動産という物件を購入するという目的だからこそです。家賃収入の不労所得、定期収入がありますので返済には心配がない、万が一返済不能となった場合、担保が不動産ですから売却すればいいわけです。不動産投資について自己資金が少額でも、借入が楽にできるためはじめやすいのです。

不動産投資は不労所得になる

不動産投資はいい不動産を購入し、値上がりしている時を見計らい売却ということを行い、若い方でも成功すれば財産を残せる方法です。ただ不動産の見極め、また土地やその時代の状況をよく理解する必要があるため、一筋縄ではいきません。成功者はとにかく情報を収集し不動産の目利きになっておくことが重要です。

儲けよう、ということではなく、不動産投資を老後の資金に充てたいと堅実に考えている方も少なくありません。不動産投資の魅力の一つに、不労所得を得ることができるという点があります。例えばマンションを購入し、そのマンションに人が集まってくれれば常に安定した家賃を定期的に得ることができるのです。

金利や地価、株価などは常に変動し、時に大きく変動することもあるので大損したり、無一文状態になってしまったりすることもありますが、マンションなどの賃料水準は大きく変動することなくほとんど一定なのです。つまり、不動産投資もうまく行えば、安定的な不労所得を得る方法となるわけです。

老後、パートやアルバイトなどを継続される方もいますが、年齢を重ねてから必死に働くというのも避けたいものです。不動産投資を早くから考え資金をためてよい物件を購入することで、老後、安定した生活を送られている方も少なくありません。

老後資金はいくらかかる?

少子高齢化、長寿大国と呼ばれている日本において、老後、豊かな生活を送るためにどのくらいの資金が必要なのかご存知でしょうか。男性は80歳近く、助成は87歳近くまで平均寿命が延びている時代です。退職し定期収入がなくなってからお金に困ることなくゆとりある暮していくためにどのくらいのお金が必要なのか、なんと月額37万円弱と計算されています。

高齢の方でアルバイトやパートなどを行うことなく無職で年金によって暮らしている方の月額平均高齢無職世帯生活費は20万円くらいです。単身の方で14万円くらいといいます。ご夫婦一緒に亡くなられるということは少ないので、どちらかが長く生きると仮定して、例えば65歳で定年してその後無職、夫婦二人で15年間生活を送り、その後片方が亡くなり、高齢単身無職世帯として6年間ご存命だったとなれば、高齢無職世帯の生活費月額平均が20万円くらいですから、20万円×12か月×15年で3600万円です。高齢単身無職世帯では14万円×12か月×6年で1008万円です。合計すると4608万円ということになります。

これは生活に必要最低限の費用を計算したものなので、ゆとりある生活をする場合、月額37万円くらい必要となりますので、夫婦二人の生活の時だけゆとりある資金、月額37万円で計算しても、37万円×12か月×15年、プラス高齢単身無職世帯になってからの1008万円を足すと7668万円もかかるわけです。

老後の生活を見据えて、不動産投資によって定期収入、また売却益を考えるというのもこうした老後資金を考えると当然といえることなのです。

不動産投資とはなにか

最近海外に不動産投資する人が多くなっているということをご存知でしょうか。不動産投資とは不動産を購入し家賃収入を得たり、購入した不動産物件が値上がりしたら売却し、その売却益を得るなど、不動産取引を通じて利益を得ることをいいます。

経済状態が安定したといわれている日本ですが、まだまだ不安定要素が大きな状態です。国内で不動産投資を行うよりも、今経済成長している国や不動産投資に有利といわれている海外で投資目的の不動産購入を行う方が得策と、沢山の日本人投資家が海外物件に注目しています。

不動産投資はFXや株などと比較して、より多くのお金が動きます。アパートにしても一軒家にしてもマンションにしても小さい費用で購入できるものはないからです。ただ日本の物件よりも格安で購入でき、しかも用途がこれから広がっていくと考えられる現在発展中の海外であれば、不動産投資も有益になるのではないかと考えられています。実際に、海外不動産投資を行い、成功している日本人も多数存在しているのです。

特に年齢を重ねそろそろ退職という年代の方が不動産投資を考えています。また中にはかなり年齢の若い方も、不動産投資を考慮しているという方が多くなっています。やはり先行き、老後の生活を考えると年金の問題や少子化の問題などがあり、自分の老後の生活を自分で早い段階から考えることが必要と思う方が多くなっているのでしょう。

当サイトは老後を見越した不動産投資のメリットについて考えます。この先、不動産投資を考えている方の情報となれば幸いです。

Powered by WordPress & テーマの著者 Anders Norén