商売をしている人は運転資金にお金を借りることが何よりも大変という方も多いです。借り入れを行う銀行に常に返済できていて信用があるということなら銀行もニコニコ顔で貸付してくれますが、返済が遅れたり、債務額が大きくなっていくと銀行は新たな貸し付けを行うことを渋ります。どうしても貸付してほしい場合、担保を出してくれとも言ってくることがあります。

担保があるとないとでは非常に大きな違いがあるのです。無担保無保証人で貸し付ける場合、信頼貸です。企業、また個人を信頼し貸付するわけです。信頼の元となるのが年収や家族構成、さらに返済の履歴です。この履歴がしっかりしたもので、常に遅延することなく支払を行っていて、完済しているほど、信頼が厚くなります。でももし倒産したり破産したとなれば銀行は貸しただけ損、とれるものはほとんどないので慎重になるのです。

担保があれば別です。建物や土地などのもしもの際に現金化できるものが存在していれば貸し付けする方も安心です。不動産投資で物件等を購入する際、銀行から費用を借りやすいのは、不動産という物件を購入するという目的だからこそです。家賃収入の不労所得、定期収入がありますので返済には心配がない、万が一返済不能となった場合、担保が不動産ですから売却すればいいわけです。不動産投資について自己資金が少額でも、借入が楽にできるためはじめやすいのです。